とても便利になったキャッシング

 お金が無いときに便利なキャッシングは、昔に比べると使える場所がかなり広くなりました。以前なら、キャッシング会社の専用のATMに行ったり、銀行まで行って引き出すというケースが大変でした。

それが、コンビニATMの普及によって爆発的にキャッシングの利便性が上がったわけです。24時間、いつでもお金に困ったらスグにお金を借りれることで、夜の飲み会などでお金がなくてピンチになったときも問題なくなりました。
 そして返済自体もコンビニで返せるので、遅延することもありませんし、こまめに返すことができることで、金利手数料もかなり抑えることが可能になります。
やはりきちんと借りて、早めに返すというサイクルを自分の中で作っておくと借りすぎることも防止できますし、普通に意識せずに借りていたころよりも確実に金利で支払う金額は減っています。

お金を借りることに意識的になれば、キャッシングをうまくコントロールすることができますから、返済の計画も破綻なく立てることが可能です。

コンポの購入で、カードローンの利用

10万円ぐらいのコンポはすぐに買えそうなものですが、お金がなかったら買えません。次の給料が入るまで我慢するか、それとも諦めるかです。給料がそれ以上に入ったとして、家賃、光熱費、食費、通信費とかかってきて、余裕のないなかで10万円を捻出することは家計を圧迫することにつながります。

ではどうするかというと、カードローンで分割払いにしてしまって、少しずつ返していけばよいということになります。そうすれば、その間はコンポを使うことができて生活の中で好きな音楽を聞けるし、月額の返済で多額の支払いをする必要がなくなります。少しずつであれば、気兼ねのない返済をしていける点でも分割払いはおすすめです。カードローンでは借りる前にも、その点の返済方法の確認をしているため、分割払いに設定すれば可能です。将来の給料受け取りがほぼ疑いないであろうという勤務の状態があれば、審査は通過するし、家計のやりくりがスムーズになります。

収入によって、融資可能金額が決まります

キャッシングというと、クレジットカードの付帯機能として使用している人が多いと思われます。そして、クレジットカードを申し込む時には、キャッシングを利用するかどうかを選択することが必要になります。

その時、キャッシングを利用することにした場合には、収入を証明するものの提出を求められます。専業主婦の場合には、夫の収入など、世帯収入を証明するものが求められるのです。

そして、ここで証明された収入によって、融資可能金額が決まるのです。したがって、収入が少ない人はあまりたくさん借りることはできないのだといえます。そんなことから、キャッシングというと、まとまったお金を借りるのではなく、給料日前にちょっとお金が足りないのを乗り切りたいといった人が使うことが多いのです。そして、利用している人も、お金を借りるというよりも、クレジットカードを利用するような感覚で融資を受けていると思われます。

そんなことから、多額の融資を受けたい時には、他の手段を考えたほうがいいのかもしれません。

気がついたら借金地獄

借金で人生をダメにした、こんな方がいらっしゃいます。


私は30代、男性、既婚者です。20代の頃のことですが、キャッシングに苦い思い出があるので、語らせていただきます。私は高校を卒業してから23歳までフリーターをしていました。しかし、このままではいかん、と思い、バイトをしながら専門学校に3年間通い、ある資格を取得後、その資格を活かせる職場に就職しました。

ようやく社会人になり、親も安心してくれたころ、出会ってしまったんです。よくない先輩と!
その方は職場の先輩で、結婚もしていて、子供もいる方でした。職場ではやさしくて、仕事もでき、誰からも頼られるような存在でした。私もその先輩を尊敬していましたし、慕っていました。徐々に仲良くなるにつれ、プライベートなこともお互いに話すようになってきました。

そんな先輩の趣味の一つがスロットだったのです。当時パチンコやスロットは全然興味なかったし、知らなかったのですが、軽いノリでその先輩とホールに遊びにいってしまいました。そこで負ければよかったんでしょうね。見事に大勝してしまいまして、そこから数年間、どっぷりとパチンコとスロットにはまりこんでいきました。

もちろん、毎度勝てるはすもなく、負けが負けを呼び、貯金が底をつき、消費者金融数社から合わせて100万以上借りていました。ギャンブル依存症だったんでしょうね。返しては借りてを繰り返しなかなか元金が減りませんでした。たまに勝っても次の日の軍資金。返済なんてもったいない。という感じでした。借りるのはとても簡単でした、返すのに6~7年かかりました。今は完済して、静かに平和に暮らしています。


お金を借りることそのものがいけないのではなく、何のためにお金を使うのか?ということを真面目に考えなかったことが、この悲惨な体験の原因なのでしょうね。

カードローンをはじめて利用してみた

「カードローン」「キャッシング」
CMや広告などで良く見聞きする言葉だが、一度も利用したことがなくこれまで完全に無縁の生活を送ってきた。
しかし、つい最近になってカードローンというものを初めて利用した。
ちなみに、「モビット」を利用。
ローン、要は借金ということでどうしても抵抗があったのだが、結論として計画的に利用すれば確かに便利だと実感している。

■カードローン利用のきっかけ
ある時期に結婚式やら車検やら引っ越しやらwindows XPのサポート終了に伴うPCの買い替えやら。。。
その他にもいろいろと出費が重なり、とんでもない事になってしまった。
もともと貯金はあまりしていない方だったので、恥ずかしながら銀行口座がスッカラカンに。
月末、このままでは家賃が払えない。延滞してもすぐに支払えば問題はないのだろうが、こういった事は後回しにしたくない。
「カードローンだ、数日後には給料日だからそれで返せば」というのがきっかけである。

■まとめ(感想)
今回の利用は家賃分の借入、数日後に給料日。さらに数日後にボーナスという時期だったので次の月の生活費などにも特に影響はなかった。(ボーナスが生活費に消えてしまい、実質ボーナスほぼ無し状態ではあったが。。)
利息は発生するが回数分けての返済も可能という事なので、【計画的に、無理のない範囲での借入・無理のない返済】をすればいざと言うときにとても助かるなという印象。
「困った、どうにもならない」という時にはまた利用を検討するかもしれない。”